技へのこだわり

技と心意気が創る、独自のうまさ。
すぐれた素材も、それを活かす技がなければ
本当の味は引き出せません。
最高の素材を最高のすしや一品料理にしてお出しするため、
当店では、味にこだわる「すし職人」が自慢の技を振る舞います。
丁寧な仕込みにはじまり、すみずみに光る職人技が、
独自のうまさを創りだします。

握りの技巧派、すし職人

厳選した素材に命を吹き込み、すしに仕上げるのがすし職人。
基礎から徹底的に技を身につけたすし職人が、一貫一貫、
確かな仕事をほどこした本物のすし。
ここでしか味わえない美味しさを、ぜひお楽しみください。

手作業でつくるシャリ

米は、能登産(門前・珠洲)こしひかりを使用。
季節やその日の天気によって微妙に配合を変えながら、木の桶を使い、職人が手作業でシャリをつくります。
均等に混ざった酢と程よいやわからさのシャリは、職人の手の中で北陸のイキのいいネタと合わさり、すし本来のうまさを引き立てます。