研修制度

全ての新スタッフへ、安心充実の研修制度

研修で最も大切にしていることは“成長していただくこと”
その為、研修ではただ一方的に教えるのではなく、それぞれに合わせたやり方で、双方向のコミュニケーションを大切にしながら行っています。

社会人研修

すし職人・ホールスタッフ合同で、2週間の社会人研修を行います。
社会人として必要なビジネスマナーや基礎的な技術を身につけます。

食品衛生研修

食への安全は、飲食店の基本です。お客様へ、安心・安全を提供する為、
厚生労働省認定の食品衛生検査機関(アルプ)指導の下、徹底した衛生管理を学びます。

すし職人の研修制度「向塾」

職人は、長く厳しい修行に耐え、技を盗みながら知識と腕を磨き、ようやく一人前の職人になる、というイメージがあると思います。当社では、すし食いねぇ!ならではの研修制度「向塾」で、3ヶ月間すし職人にとって必要な基礎技 術や知識、心意気をしっかり学び身につけます。
未経験の方でも、正社員として、すし職人を短期間で目指すことができます。

  • 米に近い重さ、感触にしたおからを使い、シャリづくりの練習をします。適切な重さと力加減の感覚を手が覚えるまで何度も反復します。

  • 研修といっても、使うのは店で出す魚と同じものを使います。本物を使い学ぶからこそ、早く本物のすしを握れるすし職人となります。

  • 職人にとって必要なことは、すしを握る技術だけではありません。お客様と直接話しを交わすことも多く、礼儀作法や接客技術も必要な力量になります。

見習い中も全額支給!

見習い期間中でも、もちろん全額支給いたします!
給与を貰いながら、すし職人を目指すことができますので、見習い期間中は研修だけに専念することができます。

向塾 塾長メッセージ

鮮度にこだわったネタ、米や調味料を吟味した手造りのシャリ、それらを活かす冴えた職人技。
手間を惜しまず、おいしさにこだわったすし食いねぇ!のすしは、
一流のすしを提供していると自負しております。

すし職人といえば、厳しい修行の中で技を盗みながら長い年月をかけて
ようやく一人前になるというのが一般的。
私もそうやってすし職人となりました。
しかし、その風潮がすし職人になる敷居を高くしているのではないか?
すし職人の伝統を絶やすことなく、未来へ伝えていく為にも、
積極的にすし職人の技を教える必要があるのではないか?
すし職人研修制度「向塾」は、そんな想いから始まりました。

向塾では、すし職人になりたいという志さえあれば、
誰でもすし職人になれるチャンスがあります。
研修期間は、3ヶ月間。その中で、すし職人に必要な知識や
基礎技術を集中的に学び、身につけていただきます。
また、「一流の職人は一流の中でしか育たない」という理念から、
研修であっても店と同じものを使い、マンツーマンですし職人の技を教えます。
すし職人の技は、身につければ一生ものです。
本物のすし職人を目指し、向塾で一緒に頑張りましょう!

向塾塾長 向 邦興